[PR]

 ユーロビートと呼ばれるダンス音楽を日本語でカバーした曲です。原曲は、遊ばれた女が相手の男を罵倒する歌詞でしたが、「荻野目ちゃん」が歌うと――。

     *

 荻野目洋子さん(48)は懐かしそうに語り始めた。

 「小学校2年の時の夏祭りが、私の人生を変えた初舞台だったんです」

 4人きょうだいの末っ子で、埼玉県嵐山町育ち。人見知りだったが、勇気を出して地域の大人と子ども合同の「のど自慢大会」に出場して、準優勝した。「子どもながらに『歌に自信を持っていいのかな?』と思ったみたいです」

 小学校高学年でスカウトされ、「ミルク」という3人組のグループを結成。当時はロングヘアだった。

 「中学の部活は卓球部でしたが…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

こんなニュースも