[PR]

 広告大手電通の違法残業事件で、東京簡裁は12日、労働基準法違反罪で法人としての電通を略式起訴した東京地検の処分について、「不相当」と判断し、正式な刑事裁判を開くことを決めた。法人としての刑事責任が公開の場で問われ、山本敏博社長が出廷する見通し。▼2面=異例の不相当

 書面だけの審理でよいとして検…

この記事は有料会員記事です。残り898文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り898文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り898文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも