[PR]

 政府の「働き方改革」で、残業時間の罰則付き上限が「月100時間未満」(繁忙期)となった。労働者は、何時間働けばいいのか。そんなに「勤勉」でなくてはいけないのか。

 ■残業容認は過労死への道 寺西笑子さん(全国過労死を考える家族の会代表)

 飲食店チェーンの店長だった夫は1996年に、49歳で過労…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも