[PR]

 1984年の英国北部。炭鉱閉山に反対するストライキで揺れる町の人々や子供たちは、どんな言葉を話すのか。

 「ビリー・エリオット」の日本語台本は言葉選びにも時間をかけた。

 英語のせりふは、なまりが強い。地方の生活感を出すために、日本でも方言を使ってほしいというのが演出家の要望だった。

 でも、具体…

この記事は有料会員記事です。残り1032文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1032文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1032文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!
こんなニュースも