24時間身体拘束の禁止訴え、遺族ら団体設立

有料会員記事

[PR]

 神奈川県内の精神科病院措置入院させられ、5月に亡くなったニュージーランド国籍のケリー・サベジさん(27)の遺族らが19日、精神科病院で行われている24時間以上の身体拘束の禁止などを求める任意団体を設立した。日本の有識者らも加わり、署名活動などを進めていく。

 サベジさんの兄(32)によると、双極…

この記事は有料会員記事です。残り211文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら