6月23日に75歳で亡くなった元棋王の大内延介九段のお別れの会が17日、東京都渋谷区の将棋会館で開かれた。棋士やファンら約500人が1人ずつ花を手向け、名棋士との別れを惜しんだ。

 普段対局が行われる和室に祭壇が設けられた。会の冒頭で、弟子を代表して鈴木大介九段が「先生の全てが将棋指し、そして人生…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも