[PR]

 私が「あるがまゝ行く」を書き始めたのは、2002年10月5日、私が91歳になった時でした。聖路加国際病院の理事長時代の00年に「新老人の会」を発足させ、翌01年には『生きかた上手』を出版、120万部ものベストセラーになりました。当時は、私の発案した「新老人」とはどういうものか、世の中の人にわかってもらうために、そのモデルであるべく毎日、全力投球していた頃です。老いてからの私の人生をますます豊かで実りあるものにしようと、アクセルを踏みこんだのです。

 私のエッセーは、私の全力疾走の様子を読者の皆様に報告する形で、今日まで続いてきました。こんなにも長く連載できたのは、私と一緒に走って下さった読者の方々の応援があってのことです。ここに感謝とともに皆様に最後のお別れをしたいと思います。今まで本当にありがとうございました。

 この人生で国内外を飛び回って…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら