[PR]

 日本国家公務員労働組合連合会が、国立の研究機関に勤める研究者らを対象にしたアンケートで、「軍事研究」について、6割が「進めるべきではないと思う」と答えたことがわかった。一方で、若い研究者ほど、この割合が低くなっている。

 産官学の共同研究が強まる中、防衛省や米国防総省が予算を提供する「軍事研究・開…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも