[PR]

 厚生労働省と文部科学省の専門委員会は31日、大阪府内のクリニックが申請した、不妊治療の受精率を高めるための受精卵の作製を含んだ基礎研究の審査を始めた。受精卵作製には倫理面の課題があり、研究目的の受精卵作製には、国の審査を求める指針がある。2010年の指針策定後、初めての審査となる。

 厚労省による…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも