[PR]

 病気療養中に解雇されたのは違法として、専修大学の元職員の40代男性が大学に解雇の無効を求めた訴訟の差し戻し後の上告審で、男性の敗訴が確定した。最高裁第一小法廷(大谷直人裁判長)が27日付の決定で男性の上告を退けた。

 男性は、2003年から肩や腕に痛みなどが出る症状で休職を繰り返し、大学が11年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも