[PR]

 原子力規制委員会は2日、日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターで6月に作業員5人が被曝(ひばく)した事故の深刻度について、国際原子力事象評価尺度(INES)で8段階のうち上から6番目の「レベル2」(異常事象)と暫定評価した。治療にあたっている量子科学技術研究開発機構は、最も多い人の内部被曝量は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも