[PR]

 内閣府・消費者委員会は8日、恋愛感情を利用した「デート商法」による契約や、「就職できないかも」などと根拠なく不安をあおって結ばせた契約を取り消し可能とするよう、消費者契約法の改正を求める答申を首相に出した。

 答申では、消費者が求めていない商品を事業者が事前提供して迫った契約を取り消し可能に▽事業…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも