[PR]

 内閣府は8日、7月の景気ウォッチャー調査を発表した。商店主やタクシー運転手らに景気の実感を聞いてまとめた指数(季節調整値)は前月比0.3ポイント低下の49.7で、4カ月ぶりに悪化した。人手不足などを背景に、企業の景況感が悪くなっている。企業関連の指数は、前月比1.4ポイント低下の51.1。

こんなニュースも