[PR]

 世界41カ国・地域の高校生ら160人が挑む第14回国際地理五輪がセルビア・ベオグラードで開かれ、日本代表4人が参加し、2人がメダルを獲得した。文部科学省が8日、発表した。青沼惠人さん(東京・筑波大付属駒場高2年)が銀メダル、日名子晃一さん(広島・広島大付属福山高3年)が銅メダルに輝いた。

こんなニュースも