[PR]

 高エネルギー加速器研究機構などの研究グループは、素粒子ニュートリノと、その対となる反ニュートリノの振動が起きる確率が異なる可能性が95%に高まったと発表した。宇宙に物質が存在する謎の解明につながるとされる「CP対称性の破れ」の確認に近づく成果で、さらに精度が高まればノーベル賞級の業績になる可能性が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも