[PR]

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画が争点となる来年2月の名護市長選に、移設に反対する稲嶺進市長(72)が3選をめざして立候補する意向を固めた。過去に移転を容認してきた自民党系市議との一騎打ちになる見込み。

 与党市議団の立候補要請に対し「この状況で退くわけにはいかない」と…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも