[PR]

 茨城県知事選は10日に告示され、現職で最多の7選をめざす橋本昌氏(71)、自民党、公明党が推薦する新顔の大井川和彦氏(53)、共産党などが推薦する新顔の鶴田真子美氏(52)が、無所属で立候補した。27日に投開票される。保守分裂の構図の中で、日本原子力発電東海第二原発の再稼働をめぐる対応が割れており、多選の是非も争点になる。

 橋本氏は市町村長の大半、市町村議の半数から支持を得る。原発の再稼働については出陣式で「認めないという方向にかじを切った」と述べ、反対の姿勢を明確にした。

 自民は前々回の選挙から橋本氏と県政の主導権争いを続ける。党本部が全面支援する大井川氏は、多選批判を強めているが、再稼働は「県民の目線で判断」と明確にしていない。

 鶴田氏は、大型開発優先から福祉中心に県政を切り替えると訴える。再稼働には明確に反対する。野党共闘を打ち出し、共産と、つくば・市民ネットワーク、新社会が推薦する。

     *

 (届け出順、〈 〉内政党は推薦、カッコ内数字は当選回数)

 橋本昌(はしもとまさる)     71 無現(6) 知事会副会長

 大井川和彦(おおいがわかずひこ) 53 無新    〈元〉ドワンゴ役員〈自〉〈公〉

 鶴田真子美(つるたまこみ)    52 無新    動物NPO代表〈共〉〈ネ〉〈新社〉

こんなニュースも