(声)あなたへ、夏の便り:上 息子よ、つらいことも連絡せよ

有料会員記事

[PR]

 主婦 千葉えり子(宮城県 59)

ここから続き

 息子よ。この春、大学を卒業して東京に就職したアンタは、全く連絡もよこさない。時々「生きてるのか?」とメールすると、「かろうじて生きてる」とだけの返信。仕事はどうなのか。サッカーに明け暮れ、傷だらけの体。もうやめるといったくせに入った会社のサッカー部の様子も、さっ…

この記事は有料会員記事です。残り191文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載

この連載の一覧を見る