[PR]

 東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた岩手県大槌町で、数字を使ったパズル「数独(すうどく)」の実力を競う全国初の試験が9月に行われる。被災後、数独の面白さに目覚めた高齢者らの要望がきっかけ。毎年開催し、大槌を「数独の聖地に」と主催者は意気込む。

 「ここに入るのは3かな?」。7月下旬、仮設交流…

この記事は有料会員記事です。残り1131文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1131文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1131文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも