[PR]

 三島有紀子監督はこれまで家族を軸にしながらも、服作りなど仕事人の求道の様を大人の寓話(ぐうわ)として描いてきた。それは喉(のど)の通りはいいが、オブラートに包まれた薬を飲むような無痛の感触も伴っていた。

 しかし、新作では作風が一変。主人公、田中信が直面する「中年期の憂鬱(ゆううつ)」に伴う苦みを…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも