[PR]

 最高位の貴族らが服飾品などに黄金を多用していたことから、「黄金の文明」とも称される南米・ペルーのシカン文明。発掘開始から38年が過ぎ、文化の実態解明は現在も続けられている。調査責任者の島田泉・南イリノイ大学教授(アンデス考古学)に現場で話を聞いた。

 シカン文明は9~14世紀末、ペルー北部の太平洋…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも