[PR]

 18日の東京株式市場は、米トランプ政権の混乱から日経平均株価が一時270円近くも急落し、5月上旬以来およそ3カ月半ぶりの安値水準を付けた。東京外国為替市場の円相場は、低リスクとされる円が買われる動きが強まり、対ドルでは一時1ドル=108円台まで円高が進んだ。米国で白人至上主義団体と反対派が衝突した…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも