[PR]

 神村学園(鹿児島)は、18日の九州勢対決で延長十二回の末、明豊(大分)に敗れた。だが、2死からの粘りで観衆を魅了した。

 3点を追う九回。2死二塁で代打の南川翔哉君(3年)が打席に立った。鹿児島大会では交代で4番を務めた強打者。小田大介監督は「何とかしてくれると信じていた」。中前安打で2点差に迫っ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも