[PR]

 27日投開票の茨城県知事選について、朝日新聞社は19、20の両日、電話調査を実施し、取材で得た情報と合わせて情勢を探った。新顔の大井川和彦氏(53)がやや先行し、7選を目指す現職の橋本昌氏(71)が激しく追う。新顔の鶴田真子美氏(52)は苦しい。有権者の4割が投票態度を明らかにしておらず、情勢は変わる可能性がある。

 今回の知事選は保守分裂の構図。投票態度を明らかにした人でみると、自公が推薦する大井川氏は、自民支持層の半数から支持を得ている。無党派層の支持は3割。年代別では中高年以上の支持が比較的厚い。

 政党の支援を受けていない橋本氏は、自民支持層の半数近くを取り込み、無党派層から半数の支持がある。年代別では30代の支持が比較的高い。

 同時に実施した世論調査で、日本原子力発電・東海第二原発(同県東海村)の再稼働への賛否を問うと、「反対」56%が「賛成」26%を大きく上回った。原発再稼働に反対する層の支持は、再稼働反対を告示日に明確に打ち出した橋本氏が最も高かった。共産などが推薦する鶴田氏は、橋本氏より踏み込んで「廃炉の実現」を訴える再稼働反対の立場だが、再稼働反対層の支持を取り込めていない。

 現職多選の是非も争点となっていることから、投票で多選について考慮するか聞くと、「大いに」(15%)と「ある程度」(42%)を合わせ、「考慮する」は57%。「考慮する」とした人ほど大井川氏の支持が厚い。

 <調査方法> 19、20の両日、コンピューターで無作為に作成した固定電話番号に調査員が電話をかけるRDD方式で、茨城県内の有権者を対象に調査した。有権者がいる世帯と判明した番号は2008件、有効回答は1079人。回答率は54%。

 ■候補者一覧

 (届け出順、〈 〉政党は推薦、カッコ内数字は当選回数)

 橋本昌(はしもとまさる)     71 無現(6) 知事会副会長

 大井川和彦(おおいがわかずひこ) 53 無新    〈元〉ドワンゴ役員〈自〉〈公〉

 鶴田真子美(つるたまこみ)    52 無新    動物NPO代表〈共〉〈ネ〉〈新社〉

こんなニュースも