[PR]

 トヨタ自動車とセブン―イレブン・ジャパンは、水素で走る燃料電池(FC)トラックをコンビニ店舗への商品配送に導入することで合意した。二酸化炭素の排出を減らすためで、トヨタが専用車を開発し、2019年の実用化をめざす。

 専用車は、日野自動車の既存トラックをベースに開発。導入台数は未定だが、トヨタは将…

この記事は有料会員記事です。残り118文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り118文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り118文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも