宝くじ、売り上げ低迷 進む若者離れ、自治体苦心 動画サイト・SNSを活用

有料会員記事

[PR]

 宝くじの売れ行きが落ち込んでいる。昨年度の売上額は8452億円で、金融危機のさなかだった1998年度以来18年ぶりに8千億円台に落ち込んだ。若者離れが一因とされ、宝くじを発売する自治体は動画投稿サイトやSNSを活用したキャンペーンなどで打開を図ろうとしている。

 宝くじの売上額は、2005年度に過…

この記事は有料会員記事です。残り579文字有料会員になると続きをお読みいただけます。