東芝、WD連合と契約へ 半導体売却で大筋合意

有料会員記事

[PR]

 東芝が半導体子会社「東芝メモリ」の売却で、協業先の米半導体大手ウエスタンデジタル(WD)などでつくる「新日米連合」と契約をむすぶ方向で大筋合意したことが26日、わかった。WDが将来的にもつ議決権を3分の1未満に抑えることで合意したという。今後、細部を詰めたうえで月内にも契約をむすぶ。

 関係者によ…

この記事は有料会員記事です。残り442文字有料会員になると続きをお読みいただけます。