陸上イージス、3つの課題 ミサイル対策強化 巨額コスト・迎撃力に限界・周辺国反発も

有料会員記事

[PR]

 北朝鮮の弾道ミサイル発射に対抗するため、防衛省が新たな迎撃態勢づくりに乗り出した。陸上配備型の迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を米国から購入する方針。実現すれば世界で3例目の配備となるが、そもそも弾道ミサイルの迎撃には技術的な困難さが伴ううえ、巨額のコストや周辺国から反発を受けるリスクも…

この記事は有料会員記事です。残り1364文字有料会員になると続きをお読みいただけます。