常総「決壊の跡」石碑 水害2年「伝えていく」

有料会員記事

[PR]

 関東・東北豪雨で茨城県常総市鬼怒川の堤防が決壊した水害から10日で2年になるのを前に、現場に4日、石碑が設置された。市内の3分の1が水没し、関連死を含めて8人が亡くなった水害を忘れないようにと、現場を見渡せる堤防上に市が設置した。10日に除幕式をする。

 石碑は幅1・8メートル、高さ1・1メート…

この記事は有料会員記事です。残り222文字有料会員になると続きをお読みいただけます。