3歳児虐待死、一部争う姿勢 初公判で被告の男

有料会員記事

[PR]

 東京都大田区マンションで昨年1月、交際女性の長男新井礼人(あやと)ちゃん(当時3)を虐待し、死亡させたとして、傷害致死罪に問われた住所不定、無職永富直也被告(21)の裁判員裁判の初公判が4日、東京地裁であった。永富被告は暴行して死亡させたことは認めたが、具体的な暴行の内容について一部争う姿勢を示…

この記事は有料会員記事です。残り197文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら