(声)「犬死にさせられた」受けとめる

有料会員記事

[PR]

 無職 野曽原友行(千葉県 67)

 「平和と繁栄は戦没者のお陰か」(8月23日)を読んだ。戦没者を「尊い犠牲」とあがめるのは戦争を美化し、「無念のうちに死んだ人々へのむしろ侮蔑」というご意見に感動した。

 私の父は召集されて旧満州中国東北部)に送られ、転戦、敗走を重ねてベトナムで終戦を迎えた。戦…

この記事は有料会員記事です。残り346文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載

この連載の一覧を見る