[PR]

 初代吉右衛門を顕彰する9月「秀山祭」が10回目を迎えた。夜「再桜遇清水(さいかいざくらみそめのきよみず)」は、かつて当代吉右衛門が古い狂言「遇曽我中村」に、自身で筆を加え主演した作品である。今回は主役の清玄(せいげん)を染五郎に委ね、監修に当たっている。初代と無縁の作品を上演する意図は何か。

 破…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

こんなニュースも