(北朝鮮と安保理:4)第1次核危機:4 「ソウル火の海」

有料会員記事

[PR]

 強大な軍事力と経済力を背景に、北朝鮮との二国間協議に臨む。冷戦直後の「1強」状態に自信を深めて核疑惑解決に乗り出した米国だったが、目算は狂い始めた。

ここから続き

 1993年6月、北朝鮮の核不拡散条約NPT)脱退の留保をうたった米朝共同声明が出たものの、その後の米朝協議は足踏み状態に陥った。北朝鮮による国際…

この記事は有料会員記事です。残り801文字有料会員になると続きをお読みいただけます。