(あの夏)東洋大姫路×東邦:4 V候補、姫路の「江夏2世」 高校野球

有料会員記事

[PR]

 ■1977年・決勝

 決勝の試合前、東洋大姫路のエース松本は左のスパイクのひもが切れていることに気づく。「縁起が悪い? 全然思わなかったですね」。この「江夏2世」と言われた左腕を擁し、東洋大姫路は優勝候補にあげられていた。「東邦とも普通にやったら負けることはないと思っていました」。現在、プロ野球オ…

この記事は有料会員記事です。残り369文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら