(北朝鮮と安保理:5)第1次核危機:5 戸惑う日本

有料会員記事

[PR]

 深まる北朝鮮の核開発疑惑。中国の抵抗で国連安全保障理事会が足踏みする中、米朝の応酬は激しさを増していた。

 「経済制裁は宣戦布告とみなす」

ここから続き

 1994年6月4日、北京。北朝鮮の駐中国大使・朱昌駿は記者会見でこう述べ、中断している米朝協議の再開を求めた。だが米大統領のクリントンは翌5日、ABCテレビ…

この記事は有料会員記事です。残り780文字有料会員になると続きをお読みいただけます。