首相案、押し切れず 党草案、根強い支持 自民改憲本部

有料会員記事

[PR]

 自民党が12日に開いた憲法改正推進本部で、安倍晋三首相が提起した憲法9条への自衛隊明記案で一本化することができなかったことは、首相の求心力低下を印象づけた。戦力の不保持を削除して「国防軍」を保持する2012年の党改憲草案にこだわる声が党内になお根強くあることも改めて明らかになった。▼1面参照

 …

この記事は有料会員記事です。残り1801文字有料会員になると続きをお読みいただけます。