[PR]

 3日閉幕した新体操の世界選手権は日本のメダルラッシュにわいた。銅メダルの団体総合は1975年の2位以来の表彰台。なのに、山崎浩子強化本部長(57)は「やっとスタートラインに立てたという思い」と、浮かれた様子はまるでない。

 メダルよりも喜んだのは、ここ十数年に及ぶ地道な取り組みに話が及んだ時だ。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも