[PR]

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設が争点となる名護市長選(来年2月4日投開票)で、安倍政権が擁立候補の再検討を始めた。来年秋の県知事選の前哨戦として重要視。すでに自民党の地元組織は候補を決めているが、政権は「勝てる候補」への差し替えをさぐっている。

 普天間移設問題を担当する…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも