韓国へ米軍戦術核、国防長官否定せず

有料会員記事

[PR]

 マティス米国防長官は18日、韓国に米軍の戦術核兵器を再配備する可能性を協議したかについて「すべての問題について話し合っている」と否定せず、北朝鮮を強く牽制(けんせい)した。

 射程の短い戦術核については、在韓米軍は1950年代から対北朝鮮を想定して配備していたが、冷戦終結などを受け、ブッシュ(父)…

この記事は有料会員記事です。残り616文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら