トランプ氏、拉致を非難 「北朝鮮、国際社会全体の危機」 国連演説

有料会員記事

[PR]

 トランプ米大統領が19日、初めて国連総会の一般討論演説を行った。核実験ミサイル発射の挑発を続ける北朝鮮を「ならず者国家」と強く批判。拉致被害者横田めぐみさんの例を挙げて人権問題にも触れ、国際社会全体が直面する危機だと強調した。▼1面参照

 トランプ氏は北朝鮮に関する演説で、約1年半にわたって…

この記事は有料会員記事です。残り629文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら