(経済気象台)ストマック・ウォーズ

有料会員記事

[PR]

 ストマック・ウォーズ(胃袋争奪戦争)といわれて久しい。この言葉を初めて聞いたのは、スーパーやコンビニ、外食店、持ち帰り弁当などの中食業態などがしのぎを削り始めた1990年前後だったと記憶している。

 約30年の月日がたち、軍配はどこに上がったのだろう。少子高齢化が進み、胃袋の容量が小さくなった現在…

この記事は有料会員記事です。残り566文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載経済気象台

この連載の一覧を見る