[PR]

 ミャンマー西部ラカイン州から40万人超のイスラム教徒ロヒンギャが隣国バングラデシュに逃れている問題で、ミャンマー政府の報道官は21日、国連人権理事会の調査団を受け入れない姿勢を改めて示した。調査団をめぐっては、アウンサンスーチー国家顧問が19日の演説で受け入れを示唆する発言をしていた。

 ロヒンギ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも