[PR]

 薬が多すぎると、副作用のリスクが高まるほか、国や健康保険の薬剤費にも響きます。高齢化が進み、患者さんの3~5割が、5種類以上の薬を処方されています。なぜ、多くの薬が処方されるのでしょう。必要な薬は使いつつ、弊害は改善できるのでしょうか。

 ■《なぜ》足りぬ連携、患者も「出して」 秋下雅弘さん(東…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも