[PR]

 政府は「企業主導型保育所」の設置を加速させるため、施設整備の助成金に充てる企業の拠出金を来年度に増やしてもらう検討に入った。年間約300億円増やし、来年度に数万人規模の定員増を想定している。すでに経済界との協議を始めており、年末までに理解を得たい考えだ。

 企業主導型保育所は待機児童対策の目玉とし…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも