[PR]

 東京電力福島第一原発事故によって住み慣れたふるさとを奪われた避難者に対し、千葉地裁が「ふるさと喪失慰謝料」を広く認める判決を出した。現在の国の賠償指針では強制避難を指示された約8万人の一部にしか支払いを認めておらず、対象外の人から批判が出ていた。今後、国に指針の見直しを求める声が強まるとみられる…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも