[PR]

 「働き方改革」に大きな影響を与えた広告大手・電通の違法残業事件で、経営トップが出廷して正式な刑事裁判が開かれた。法人としての電通を略式起訴した検察に対し、東京簡裁が「書面だけの審理は不相当」と判断したことで開かれた初公判。罰金刑の略式命令で事件を終わらせなかったことで、電通のずさんな労務管理の実態…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも