[PR]

 死者のすごしてきた人生のキャンバスの上に残る、描かれざる余白を、われわれは恣意(しい)的にぬりつぶすわけにはいかない。

 (霜山徳爾)

    ◇

 死の翳(かげ)は生と対立するものではない。もし人が死ねないとしたら人生はなんと疎ましいものになるかと、臨床心理学者は言う。たしかに人の死とともに亡骸…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも