[PR]

 社員に違法残業をさせたとして労働基準法違反の罪に問われた広告大手・電通に対する初公判が22日、東京簡裁(菊地努裁判官)で開かれた。法人を代表して山本敏博社長が出廷し、起訴内容を認めた。検察側は「社益を優先して労働者の心身の健康を顧みない姿勢が引き起こした犯行だ」と指摘し、罰金50万円を求刑。公判は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも