[PR]

 ■1977年・決勝

 東洋大姫路は甲子園で千葉商、浜田(島根)、豊見城(沖縄)、今治西(愛媛)を下して決勝に進んだ。兵庫大会で6試合39回を投げてわずか6安打しか打たれなかった松本は引き続き好調だった。

 「甲子園でも打球が前によく飛ばんくらいの印象やった。ただ、準々決勝の豊見城戦は別。外野手がこ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも