[PR]

 ミャンマー西部ラカイン州から40万人超のイスラム教徒ロヒンギャが逃れている隣国バングラデシュのハシナ首相は21日、ニューヨークの国連総会の一般討論演説で「ミャンマー国内にロヒンギャが保護される安全地帯を国連が早期に設けるべきだ」と訴えた。

 ハシナ氏は演説で、早急に国連などが取り組むべき課題として…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも